介護福祉事業の立ち上げ方

介護

フランチャイズのすすめ

介護福祉事業を興すには自分で運営ノウハウを勉強して起業するケースと、フランチャイズに加盟して起業をサポートしてもらうケースがあります。誰でも起業できるので評判になっているのが「やさしい手」というフランチャイズ方式です。「やさしい手」は全国展開しているので、全国どこでも介護福祉事業を起ち上げることができます。「やさしい手」のフランチャイズに加盟するには事前の準備が必要です。まず加盟料として200万円かかります。この中には開業研修費と保証金が含まれています。その他にもフランチャイズのロイヤリティとして営業利益の5パーセントを毎月支払うことになります。この点を踏まえてから、「やさしい手」の開業資料を取り寄せることになります。不明な点は相談することができますし、実際に「やさしい手」のフランチャイズ加盟の事業所を見学することも必要です。全てに納得したらフランチャイズ契約をするわけですが、実際に稼働するまでに色々なサポートを受けることができます。開業エリアについてのマーケティングをしてから事業計画プランを作成してくれます。またスタッフの採用も支援してくれますし、スタッフの育成も「やさしい手」の本部が担当してくれます。さらに介護福祉施設への入居者の促進も積極的に行ってくれるので、開業の不安を取り除くことができます。開業後も運営支援をしてくれるので、収益も早期に上げることが可能になります。「やさしい手」のホームページからフランチャイズに申し込むことができます。

Copyright© 2018 貸店舗の情報をチェック【集客できる店舗が選べる】 All Rights Reserved.