小規模店舗にもおすすめ

タブレット

種類と特徴

近年、レジにposシステムを導入する店舗が増えています。posシステムとは、pointofsalesの頭文字をとったもので、売り上げた時点で会計システムに反映される仕組みのことをさします。従来のいわゆるガチャレジでは、店をしめて売り上げを集計し、帳簿に記帳するまで合計額やいつどれくらい売り上げたかなどはわかりませんでした。ですが、posシステムはリアルタイムで反映されるので、そうした手間も大幅に削減されます。また、いつ、誰が、なにを、誰に対して売ったのかということについても分析が可能なため、マーケティングに役立てることも可能です。posシステムは使用する機器の種類に応じて分けられます。一つ目がタブレットやスマートフォンなどを利用したスマートデバイス型です。これらの種類はカフェや美容院など小規模店舗に多く導入されています。直感的に使え、導入にかかるコストも少なくてすむというメリットがあります。基本はタブレットやスマートフォンであるため、美容院ならばヘアカタログとして使ったり、メニュー表を動画で作ったりといった利用方法も可能です。二つ目がターミナルposという形です。スーパーマーケットなどの大型店舗にあることが多く、レジに対応しているものです。初期費用はかかりますが会計対応がスムーズであるという特徴があります。三つ目がパソコンposというタイプです。主に法人同士のやりとりで使われます。事務作業にも使えますが、レジとして使うときはそれなりの習熟度が必要となります。

Copyright© 2018 貸店舗の情報をチェック【集客できる店舗が選べる】 All Rights Reserved.